読み物コンテンツ

2018.09.12

新商品: 2018 autumn & winter kit collection

9月に入り、「この秋冬は何を作ろうかな?」とそろそろ考え始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今年の秋冬もアヴリルの新しいキットがたくさん登場します!今年のキットの発売は9月、10月、11月と3段階!

第1弾は9月12日発売です。

 

第1弾は、ニットデザイナーの西村知子さんと、eccomin 野口智子さん、それぞれに考えていただいた棒針編みのキットと、アヴリルのスタッフが考えた手織りのキットを発売します。

まずは西村知子さんに考えていただいたデザインをご紹介します。

●トップダウンで編むノット模様のカーディガン

トップダウンで編むノット模様のカーディガン

「プレーンで着やすいけどちょっとだけ凝っている」、そんなデザインのカーディガン。

ヨークや裾、袖口に入ったノット模様がポイントです。トップダウンでネックから編み始めて、前立ても身頃と同時に編んでいきます。
ウール100%のストレートな糸「ワッフル」は模様がきれいに浮き出て、とても編みやすい糸です。

DEN18-04A_4
DEN18-04A_3

一見、交差模様のようにも見えるノット模様。難しそうと思われるかもしれませんが、縄編み針など他の道具は使わず、編んでいる針だけを使って編めるので、たくさん模様があっても意外にスイスイ編めてしまいます。
前立てはノット模様の穴をそのまま活かしてボタンホールにしています。ネックから編むので着丈の調整がしやすいのも特徴です。

いつもはウェアをパーツごとに下から編んでいるという方も、ぜひトップダウンに挑戦してみてください!

9月下旬に色ちがいを発売予定。

 

西村知子さんにはこちらのキットも考えていただきました。

バイカラーセーター

トップダウンのバイカラーセーター

極太糸の「ガウディ」で編むセーターは裾と袖口で切り替えたバイカラーとちいさなポケットがポイント。

9月下旬に色ちがいを発売予定。

西村 知子さんのプロフィール

編み物講師、通翻訳者、ニットデザイナー

海外作家の著書やニットパターンの翻訳にも携わりながら、作品制作に勤しむ。

英文パターンを楽しむ定期講座やワークショップを開催。

著者本には「Let's Knit in English もっともっと英語で編もう!」(日本ヴォーグ社)

「編み物『英文パターン』ハンドブック」(東京書籍)、「ニットで包む」(誠文堂新光社)他 翻訳本には「TUCK STITCH ナンシー・マーチャントの引き上げ編み」(誠文堂新光社)「ヘルガ・イサガーのニットワードローブ」(誠文堂新光社)、「北欧のガーデンニット」(共訳、日本ヴォーグ社)がある。

インスタグラム

次は、eccomin野口智子さんのデザインをご紹介します。

●5色の糸で編む丸ヨークセーター

5色の糸で編む丸ヨークセーター

ななめ線や小さなストライプ、ジグザグ模様など、編み込み模様の組み合わせがかわいいセーターです。
ふっくらやわらかな糸「ウールリリヤーン」、くるくるした表情がかわいい「モヘアループ」を、シンプルなウール糸「シロップシャー」と組み合わせています。いろんな糸の組み合わせと配色で編み進めるのも楽しいですよ。丸ヨークなので袖まわりがゆったり着れるのもいいですね。

編み込み模様というと難しいイメージがありますが、糸の渡し方を覚えると思ったより難しくありません。いろいろな模様が出来てくると、どんどんと編み進めたくなります。

ふっくらやわらかいモヘヤループやウールリリヤーンを使った編み込み模様なので、軽くて気持ちのよい仕上がりです。

昨年発売したeccomin野口智子さんのキット、“キッズの編み込み模様のセーター”がとても好評で、お客さまやスタッフから大人サイズの要望が多くあったので実現したキットです。親子でお揃いコーデも楽しめそうです。

9月下旬に色ちがいを発売予定。

キッズの編み込み模様のセーター

キッズの編み込み模様のセーター 全2色

キッズサイズの模様は少しテイストが違います。2017年に発売したベジタブル(下写真)がご好評だったので、今年は色ちがいのキャンディーを追加しました!

※120サイズで6~7歳対象。

ECC17-08A

eccomin野口智子さんにはこちらのキットも考えていただきました。

モヘアタムのふわふわカーディガン

モヘアタムのふわふわカーディガン
ふわふわモヘアの糸でざっくり編む、軽い着心地のロングカーディガンです。
ちょっと不思議な形のパターンは、つなげるとすっきり着心地のよいシルエットになります。

9月下旬に色ちがいを発売予定。

ファードット

ファードットのネックウォーマー 全2色
質感の違う2種類の糸で編む、ドット柄のネックウォーマーです。レシピには、写真で詳しくプロセスを説明しているので、編み込み模様初挑戦の方にもおすすめのキットです。

シンプル袖のセーター

シンプル袖のセーター

2017年に発売した人気のキットふっくら袖セーターをリニューアル!袖がシンプルで着やすい形になりました。太めの針でざっくり編むので、ふんわり軽くやわらかな仕上がりになります。

野口 智子さんのプロフィール

ニットデザイナー

文化服装学院ニット科卒業。イタリアでの留学を経て自身のハンドニットブランド

eccomin」で活動、また渋谷にある手芸用品と作家もののお店「chocoshoe」のオーナーでもある。

インスタグラム

最後にアヴリルスタッフが考えたデザインをご紹介します。

●雲みたいなマフラー 全3色(ホワイト、グリーン、ピンク)

雲みたいなマフラー
雲みたいなマフラーグリーン
雲みたいなマフラーピンク

新しい糸と定番糸の新色を使った手織りのマフラーキットです。

少し変わったテキスタイルでマフラーを作ってみたいという方や、手織り2回目、3回目にチャレンジしていただくのにちょうど良いレベルです。

タテ糸はポンポンのついた糸「みずたま」を、ヨコ糸はナイロンのチューブにウールの原毛をトビトビにふきつけた糸「モスカ」で織る、着け心地の軽やかなマフラーです。「モスカ」は原毛の入っていないところに透け感があるので、まるで雲のような織り地になります。

モスカがチューブ状の糸なので、強く打ち込むとぎゅっとたくさん織り込まれてしまいます。チューブがつぶれないように、ふんわりやさしく織るのがポイントです。

 

アヴリルオリジナルのキットは他にもあります。

ウランとみずたまのティペット

ウランとみずたまのティペット 全2色

 

透け感がある糸を使っているので、まるで雲のような織り地になります。

ラインチェックのマフラー

ラインチェックのマフラー 全2色

 

くるくるループがかわいい手織りのティペットのキットです。まっすぐ織って、通し穴を残してはぎ合せているだけなので仕上げも簡単です。

I-1085_183
K-0306_181

紹介したキットには、今年のニューフェイスヤーンを使っています。

●みずたま(雲みたいなマフラーに使用)

アヴリルのポンポン糸の中では、ポンポンの間隔が少し広めです。細い糸ですが芯がナイロンで出来ているので、強度もしっかり。織りだとタテ糸、ヨコ糸どちらにも使えます。編み物だと他の糸と一緒に引き揃えてみてください。

●スフレモール(ファードットのネックウォーマーに使用)

羽毛のようにふわふわしていて、やわらかーい糸です。これからのアヴリルのキットにたくさん登場しそうな予感。

 

10月、11月もたくさんのキットを発売します。楽しみにしていてくださいね。

紹介したキットの一覧はこちらからご覧ください。

紹介した商品