読み物コンテンツ

2019.09.13

コラム: 30%~54%OFF カシミヤフェア開催

カシミヤフェアは終了いたしました。

カシミヤファンの方も、初めてカシミヤにトライされた方も、
たくさんのご注文、ありがとうございました。

アヴリルのカシミヤ、今後もご愛用ください。

フェア期間

2019年9月13日(金)~2020年1月30日(木)

カシミヤの糸と対象キット 30%OFF

カシミヤアソートパック 54%OFF

※アヴリル全店で開催 (オンラインショップ、AVRIL pépin 京都一乗寺、AVRIL 吉祥寺店)

毎年好評のカシミヤフェア。4回目となる今年も開催します!
アヴリルの中でも最高級品に当たるカシミヤ
「気になるけど値段が高くてなかなか手が出せない…」
という方にも親しんでいただけるよう、お求めやすい価格で販売します。

アヴリルのカシミヤ

アヴリルのカシミヤには28色ものカラーバリエーションがあります。
今年はさらに限定色2色を追加! 計30色のフェアラインナップです。
※画像は一部の色です。

カシミヤというと、ふんわりと柔らかく、暖かくて軽いのが特徴。アヴリルのカシミヤは手芸糸のカシミヤの中でも特徴があって、縮絨(しゅくじゅう)」という仕上げをすることで、極上の柔らかさと肌ざわりの良さを出すことができます。

「縮絨」というのは、一般的には繊維を絡ませてフェルト状にすることを言います。
編んだり織ったりした後、温かいお湯の中に浸けて作品をもみ洗いすると、繊維がリラックスして膨らんできたり、段々と繊維の端っこ同士が絡まってきたりして、生地に一体感が出てきて引き締まります。
特にカシミヤの繊維は、とても細いクリンプ(縮れ毛)なので、よく絡まり合って、空気をたくさん含み、暖かさを保つことにつながっていきます。「縮絨」をすることで、保温性だけでなく、風合いも良くなります。

一覧用画像

縮絨したカシミヤ。毛羽も立ち、ふんわり感が増しています。

「縮絨」すると、生地が縮みます。
そのため、サイズを少し大きめに作って、縮み具合を確認しながらお試しください。カシミヤや縮絨すると風合いの良くなるアヴリルの糸には「縮絨の仕方」の説明書がついてきますので、お湯の温度や縮絨の加減などの参考にしてくださいね。

「縮絨って難しそう」、「失敗するのがこわい」というお声も伺います。作品を作る前にスワッチを作って、縮絨した生地の加減を確認してから作品作りをすると安心です。

「縮絨の仕方」動画を配信中!

カシミヤアソートパック

もっとお得にカシミヤ糸を使いたい!という方にもおすすめ。
単色で買うよりさらにお得なアソートパックをご用意しました。

●内容量
カシミヤ2~4色を詰めて計100g
定価の54%OFFの¥5,500(税別)です。

G-1811-1-1

フェア対象キット

カシミヤを使った全10種類がフェア対象商品です。
10月発売の新しいカシミヤキットもフェア対象の予定です。こちらもお楽しみに!

どのキットも色を替えてご用意できます。自分の好きな色で、オリジナルの配色を楽しむのもおすすめです◎

ハンドウォーマー、ミトン

カシミヤのカラフルハンドウォーマー 全2色

きれいな配色が目を引く、カシミヤのハンドウォーマーです。まっすぐ編むだけなので、初心者の方にもおすすめ。

カシミヤのしましまハンドウォーマー 全2色

カシミヤ100%の軽くて肌ざわりのよいハンドウォーマーです。しましまボーダーがポイント。まっすぐ編むだけなので、初心者の方にもおすすめです。

カシミヤ山羊のミトン 全2色

カシミヤ100%の糸でつくる、ふわふわで暖かなカシミヤ山羊のミトン。 贅沢にもカシミヤを4本取りで編むので、しっかりと厚みがありつつもとっても軽い仕上がりです。

ネックウォーマー

すべり目模様のカシミヤネックウォーマー 全2色

カシミヤ100%の軽くて肌ざわりのよいネックウォーマーです。色を変えながら表編とすべり目だけで、難しい技法は使わずに模様ができあがります。

カシミヤのネックウォーマー 全2色

カシミヤ100%の軽くて肌ざわりのよいネックウォーマーです。カラフルなストライプがポイントです。

マフラー

カシミヤとシルクのチェックマフラー 全2色

シルク100%の繊細で光沢のある糸「ハーモニー」とカシミヤ100%の糸「カシミヤ」、素材の違う2種類の糸を組み合わせた、付け心地軽やかな手織りのチェックマフラーです。

カシミヤのブロックマフラー ブルー

軽くてあたたかな「カシミヤ」に、ドローイングのような模様が楽しい手織りのマフラーです。色鮮やかで光沢のある絹糸「ハーモニー」を使ってはさみ織りしています。

デ・セールとカシミヤのチェック柄ストール

シルクのブークレ糸「デ・セール」と、ソフトで風合いの良いカシミヤを組み合わせて、綺麗な配色のチェック柄ストールに。縮絨すると素材の縮み加減が違うので、立体的な織り地に仕上がります。

カシミヤとシルクステンレスのチェックマフラー

カシミヤとシルクステンレスのマフラーです。カシミヤを使用しているので、つけ心地がとても軽く肌触りの良い仕上がりです。

カシミヤのナローマフラー

3種類の編み方で作る、ふわふわで柔らかなカシミヤ100%のマフラーです。

カシミヤ山羊のこと

cashmere

カシミヤとは、カシミヤ山羊から採れる毛のことをいいます。カシミヤ山羊は中国北西部やモンゴルといった、年間の寒暖差の激しい場所で飼育されています。寒気や乾燥に耐えなければならない環境で育つため、羊毛と比べると細く、光沢のある毛質になります。繊維の構造も、表面は羊毛に比べて平らで、うろこ状の表皮(スケールとかキューティクルと呼んでいます)が規則正しく並んで、表面を覆っています。
こうした繊維の細さ、表面の滑らかさといった繊維の特徴から、カシミヤ糸を使った製品は、軽くて保温性に優れていて、特有の光沢と滑らかな風合いがあります。
その反面、着用していると毛玉が出来やすいといった摩擦に対して弱い点もあるのですが。

カシミヤ糸を作るために、産毛だけを丁寧に手作業で梳きとり、選り分けます。

カシミヤの繊維も地域差や個体差はもちろんありますが、一頭から採れる量はわずか100g程しかありません。繊維の繊細さや採毛量の少なさから、高級素材、高級製品と言われています。
アヴリルの糸の中でも、一番柔らかく優しい肌触りの糸。冬の寒さもほっこりするような暖かさがあります。そして定価が10gで¥1,200(税別)と、一番の高級糸でもあります。

カシミヤはアヴリルのスタッフたちも大好きな糸です。
アヴリルのカシミヤの良さをたくさんの方に知って、触れていただける機会になるととても嬉しいです。
分からない事や不安なことがあればスタッフにお気軽にお尋ねくださいね。

紹介した商品