読み物コンテンツ

2018.05.30

コラム: 羊やカシミヤ、綿や麻まで。素材のお話 vol.01

毛糸と言えば、ウール。
でもどうやって作られているかは意外と知らないのでは?
まずは、ウールの原料となる羊たちの紹介です。
vol.01はメリノ種を紹介します。親子で登場です!

wool_img01

MERINO【メリノ】

羊の代名詞的な存在です。毛を採る目的のためにスペインで改良された最高級の羊。羊の中でもメリノの毛は細番手で、品質も良く、多くの衣料品などに使われています。日本の羊毛の輸入量の約80%がこのメリノと言われていて、スーツ人口の多い日本は世界トップクラスのメリノ輸入国でもあります。

手芸に使われるメリノのほとんどがメス。右のラムのお母さんです。

主な産地:オーストラリア 体重:35〜70kg 産毛量:3.5〜5kg 毛質:柔らかく、細番手 用途:服地やニットに使われる最もポピュラーなウール

wool_img02

LAMB【ラム】

生後6か月くらまでの仔羊の毛はラムウールと呼ばれ、特に繊維が細い。柔らかいのでベビー用のニット帽などに向いています。一般的にはメリノの子供をさし、特にオーストラリアのジロン市で採れる最高級のラムウールをジロンラムと呼んでいます。

アヴリルのピュアラムは、ジロンラム100%。縮絨すると、とても柔らかな風合いになります。

主な産地:オーストラリア 体重:10〜12kg 産毛量:0.6〜1kg 毛質:柔らかく、細番手 用途:主に肌着やニットなどの繊細な衣料に使われている

2012年11月10日に発行した『糸の専門店 アヴリルの糸』の一部を再編集して掲載しています。